更年期の症状とホルモンの関係と治療法

 

更年期とは生理が終わる閉経の前後10年間くらいの間を指します。閉経の年齢には個人差がありますが、日本人の女性は50歳前後と言われています。つまり一般的にはおよそ45〜55歳がそのように言われる期間となります。

 

更年期の症状とホルモンの関係

女性ホルモンであるエストロゲンが関係していると言われています。エストロゲンは8歳頃から卵巣で分泌され始め、30代頃に分泌量がピークを迎えます。

 

加齢につれ卵巣機能が衰えてくるとエストロゲンの分泌量も徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少してしまいます。

 

この急激な変化が原因で起こるのが更年期障害と呼ばれる症状です。エストロゲンを分泌する卵胞は、加齢に伴い徐々に減ってきます。卵胞が無くなると当然エストロゲンが分泌されなくなります。

 

脳の視床下部にはエストロゲンの分泌をするよう指示する働きがある為、卵胞の減少によるエストロゲンの低下に伴って指示を出し続けます。かしどんなに視床下部から命令が出されてもエストロゲンが分泌されない為脳が混乱してしまうのです。

 

実は脳の視床下部には自律神経のコントロールも担っている為、ここが混乱してしまうと自律神経の乱れが起こり体の様々な場所で不調が現れ始めるのです。

 

自律神経は、代謝や発汗、呼吸など生命維持に大切な機能のコントロールを担っている神経です。この自律神経が乱れるとだるさ、のぼせ、立ちくらみ、手足のしびれ、動悸、体のかゆみ、多汗などの体の不調や気分が塞いだり、不安になったり、イライラや不眠などの心の不調など多くの不調が現れてしまいます。また症状はひとつだけ限らず複数の症状が重なることもあるのです。

 

特にこの時期の女性は家事や子育て、親の介護など自分の取り巻く環境が変化する折り返し地点と言われ、ストレスを抱えがちになり、こうした負担も症状を強くする原因のひとつと言われています。

 

またエストロゲンには骨の形成を促進したり、血管の収縮を抑制するなどの働きもある為これまでエストロゲンのおかげで無縁であった骨粗鬆症や動脈硬化などの病気を発症する可能性も高くなってきてしまいます。

 

 

 

 

 

更年期の不調を改善する治療法とは

現在ではこうした更年期の不調を改善する為に行う治療が3つ程あります。

 

1つ目は抗不安剤、抗うつ薬などによる治療法です。

うつや不安などの精神症状が強い場合などに使われます。

 

2つ目は漢方薬による方法です。

漢方はこのような不調の改善に良いとされています。

 

そして3つ目はホルモン補充療法です。

HRTと呼ばれ、エストロゲンを補充する治療法になります。

 

ホルモン補充療法

HRTには飲み薬、塗り薬、貼り薬があります。
飲み薬には、エストロゲン単体のもの、プロゲステロン単体のもの、エストロゲン、プロゲステロン療法を配合したものの3種類あります。薬は体内で消化吸収される為、胃腸や肝臓に負担がかかってしまう事があります。

 

胃腸の調子が悪い場合は使用する事ができません。塗り薬、貼り薬はエストロゲンのみの貼り薬と塗り薬、エストロゲンとプロゲステロンが配合された貼り薬と塗り薬があります。これらの薬は皮膚から直接吸収されて血液中に入ります。

 

その為、飲み薬と違い胃腸や肝臓の負担がありません。しかし、かゆみやかぶれなどの皮膚疾患が現れる事があります。HRTの効果としてのぼせ、発汗、動悸などの体の症状の改善、イライラ、不安疲れやすいなどのこころの症状の緩和が期待できます。

 

その他には骨粗鬆症の予防や脂質代謝改善、動脈硬化の予防が知られています。HRTの主な副作用として不正出血、乳房のハリや痛み、下腹部のハリなどがあげられます。服用の量や頻度を調整する事で改善していきます。

 

また薬の種類によってリスクが異なりますが、これらの副作用は体が慣れてくると改善されるものがほとんどです。

 

注意が必要なのは、HRTの服用が適さない方がいる事です。以下の点に注意します。

乳がんの治療中、既往がある場合。またはその疑いのある場合
子宮体がんの治療中の場合
血栓症がある場合。心筋梗塞や脳卒中の既往のある場合
重度の肝臓障害がある場合
全員不明の不正出血がある場合
妊娠の可能性がある場合

などになります。

 

他にも注意が必要な事がある場合があります。慎重に投与が必要な場合もあります。

まずは子宮体がん、卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症の既往のある場合
肥満の方。60歳以上また閉経後10年以上経ってから新規投与をする場合
血栓症、狭心症のリスクがある場合
慢性肝疾患、胆石症の既往の場合など

まだまだたくさんあげられます。

 

不調の改善が期待できるHRTですが、この治療によって増加する可能性のある疾患も存在します。

 

高齢の人、体脂肪の高めの人は静脈血栓寒栓症になる可能性がある為、HRT開始後1年の注意が必要と言われています。次に、高血圧である場合、虚血性脳卒中が少し増えると言われています。少ない量ではこの症状のリスクが減少する可能性もあります。

 

このように閉経後の女性はホルモンとの関係で様々な不調が起こる事があり、その治療法も様々なのです。

 

関連ページ

更年期障害の症状に多いイライラの対策法とは?
更年期障害とはどのような症状の事を言うのでしょうか?閉経の前後10年間くらいの間の事を言い40代後半から50代の女性が、女性ホルモンの減少と共に体に不調が出てくる症状の事です。どのような症状があるのでしょうか
更年期障害の改善方法について
若いころは自分が将来年を重ねることは想像がつかないものですが、女性も40代後半くらいから、いままで味わったことにないような不調に悩まされることがあります。