更年期障害の症状に多いイライラの対策法とは?

 

更年期障害とはどのような症状の事を言うのでしょうか?閉経の前後10年間くらいの間の事を言い40代後半から50代の女性が、女性ホルモンの減少と共に体に不調が出てくる症状の事です。どのような症状があるのでしょうか?

 

様々な症状がある中で、比較的頻繁に起こりやすい症状を紹介したいと思います。

 

どのような症状が多いの?

 

更年期障害に悩まされている女性が、どのような症状によく悩まされているのか調べてみましたら、だんとつで一番多かったのは「イライラする」と言う事でした。

 

しかも、何のせいでもない、わけの分からないイライラだそうです。そして、自分では良くなと思っても止める事ができない、自分ではコントロールできないものだそうです。酷い時は、周囲の人にあたり散らしたり、わけもなく発狂してしまったりする人もいるのだとか。

 

その他にも多かったのは気分が落ち込む、顔がほてる、肩こり、手足の冷えなどですね。

 

様々な症状は、生理中にも似たような症状になる人がいますが、いずれにしてもホルモンのバランス乱れ、自律神経がバランスを崩すと起こりやすい症状でした。おおよそ10年位もの間辛い症状に悩まされてしまう方が結構多いようですが、では、どのように不快な症状を軽減させるのでしょうか?

 

完全には治らなくても、長年続く事ですから少しでも症状を軽くさせる事ができればいいですよね?いい対策法を知って、今日は何となく朝から体調が優れない、と言う時は早いうち症状緩和法を試したいものですよね。

 

よく使われているサプリメント

 

どうしようもなく辛い症状を改善する為に、多くの方が試しているのがサプリメントです。

 

様々な種類のサプリメントがありますが、女性特有の症状(イライラ、顔のほてり、体の冷えなど)に効果のあるサプリメントは、比較的高額な場合が多いです。しかし、内容量が多かったり、成分を調べてみたりすると多種の高値でも仕方がないと思えたりしますよ。有名な「命の母」は、昔から売られている小林製薬の物ですが、成分表を見ますと生薬がおおよそ13種類、その他にもビタミンB群など不快な症状緩和の為に良いとされている成分がとても多く含まれているんですね。

 

効能を見ても、本当に多くの症状に対応してくれる商品です。実際に私も試した事がありますが、結構な即効性がありました。ビタミン剤を飲んだ時の感じに似ていると思いましたね。

 

体がすっきりし、肩が軽くなった気がしました。

 

その他の対策法とは?

 

 

効き目があるからと言って、サプリメントや薬にはできるだけ頼りたくない!

 

と言う方も多いでしょう。サプリメントなどの体に入れて効果を得る物以外でも、できるだけ運動をする、ヨガなどで体のバランスを整える、女性の体の為にいい食べ物を沢山摂取するなど、様々な方法があります。しかし、運動や食事療法はサプリメントや薬とは違い、効果に実感が出難いのが難点です。

 

いくらホルモンのバランスの為にいい食べ物を沢山食べてもすぐに体の変化が感じられるわけではないですよね?毎日のように長い間それを食べ続けるような努力をしないとなかなか効果は実感できないんですよね。

 

しかし、辛い症状の女性はすぐに楽になりたいですから、サプリメントなどにどうしても頼ってしまいがちでしょう。

 

体にいいからって好きでもないのに食べ続けるのは辛い、と思ってしまう気持ちは分かりますよね。そもそも、運動が苦手だったり、体が辛いから運動は無理、と思う方もいるでしょうから、運動は勧めですが全ての方が実行できるわけではありませんよね。私が最近試している事は、今日は何となく不機嫌な感じがする日は自分で分かるのですが、そんな日はできるだけ人に会わないようにしたり、できるだけ仕事も早くに切り上げて、体力の消耗を防いだりしていますよ。

 

私もホルモンのバランスによる体の不調は結構感じている方で、日々対策の為に色々な事を試していますが、サプリメントや薬にはできるだけ頼らないようにしています。本当に辛い時のみ、サプリメントを飲みますね。サプリメントも耐性があるのか、あまり日常的に飲み過ぎてしまうと効果が薄れているような気がしてしまうんです。

 

たまに本当に辛い時のみ飲むようにすると、効果がとても感じられたりしますよ。先ほど運動は辛いから無理、と言う方の話をしましたが、できる事なら運動を体に慣らし、習慣付けて毎日少しでも行うようにすると体が本当に変わりますよ!私も毎日20分くらい柔軟体操やヨガをする習慣を付けるようにしてからは、体が大分楽になりました。

 

長年悩んでいた生理痛や肩こりが嘘のように無くなりましたし。始めは運動の辛さから諦めてしまいそうになりましたが、毎日少しでも継続する事によって段々体が慣れてきますよ!辛い運動も自分の為と思って頑張りましょう!

 

運動は、体の為にもいいし、勿論やり過ぎなければ体に無害です。どうせなら、体に無害な事を末永く続けましょう。

関連ページ

更年期障害の改善方法について
若いころは自分が将来年を重ねることは想像がつかないものですが、女性も40代後半くらいから、いままで味わったことにないような不調に悩まされることがあります。
更年期の症状とホルモンの関係と治療法
更年期とは生理が終わる閉経の前後10年間くらいの間を指します。閉経の年齢には個人差がありますが、日本人の女性は50歳前後と言われています。つまり一般的にはおよそ45〜55歳がそのように言われる期間となります。