女性なら避けて通れない更年期

 

 

閉経をはさんだ前後のおよそ10年間ほどの時期を更年期と呼びます。平均的には40代半ばから50代半ばくらいの期間の事が多いのですが、生理が始まる年令が人によって差があるように、閉経する年齢というのも個人差が有るので、必ずしもこれくらいの時期になれば誰もが更年期の症状が始まるというものではありません。

 

デリケートな女性の体の仕組みの中で、女性ホルモンの影響をもっと強く受けやすく、様々な症状となってあらわれることが多いので、この時期はどこかネガティブなイメージが付きまといます。

 

でも、平均年齢が飛躍的に長くなった日本人は、特に女性の場合閉経後に30年以上の長い年月を過ごすことが当たり前になった現代、女性としての第二の人生とも言える閉経後の生活を前向きに積極的にすごせるかどうかはこの繊細な時期との向き合い方とも深くかかわってきます。

 

特有の症状が起こりやすいのはなぜ?

閉経前後のこの時期に起こりやすい症状としてよく挙げられる症状として、いらいらやのぼせ、突然の発汗などが良く知られています。

 

けれども、生理の状態やそれに伴う様々な体の症状などが人それぞれに違うように、閉経前後の時期に起こりやすい症状というのも人によって異なります。

 

誰もが教科書にかかれているように一定の時期になれば同じ症状が同じ程度に現れるというものではなく、人によってはベッドから起きていられないくらいつらい症状に悩まされることもあれば、ほとんど気にならない程度の症状で、日常生活には何の支障もなかったという人もいます。

 

そもそも、よく言われるこの特有の症状というのは女性ホルモンの1つのエストロゲンが大きくかかわっています。

 

エストロゲンの分泌は女性は8歳から9歳くらいになると始まり、やがて初潮を向かえ、30代の半ばくらいには分泌量のピークを迎えます。これくらいの年代を過ぎた頃から徐々に卵巣機能が低下し始め、それに伴って分泌されるエストロゲンの量が少しずつ減ってゆきます。

 

そして40代中ごろからはエストロゲンの分泌量が急激に減少し、やがて閉経を迎えるという仕組みです。

 

閉経前後の時期にこのエストロゲンの急激な減少という大きな変化に体が上手く適応することが出来ないために起こるのが、いわゆるこの時期特有の不調です。でも、現在は日常的にストレスにさらされていることや、無理なダイエットなどによる食生活の乱れ、不規則な生活習慣など様々な理由によって、もっと早い時期の30代くらいからすでに女性ホルモンの分泌が乱れてしまう現象が起こっているといわれています。そのため特有の冷えやのぼせ、気持ちの落ち込みなどの特有の症状が若い年代で始まって悩まされている人が増えていることに繋がっています。

 

つらい症状を緩和するために採りたい栄養素

 

 

女性ホルモンの急激な減少が原因となって起こる様々な症状を緩和するために効果の期待できる栄養があります。閉経前後の変わりやすい体調に伴う症状を緩和するために様々な成分が効果的だと紹介されています。女性ホルモンと似た働きをすることで注目されるのが大豆イソフラボンです。

 

急激に減少する女性ホルモンに代わって大豆イソフラボンを摂取することで急激に減少する女性ホルモンの働きを補うことが出来るとされています。

 

日本人はもともと大豆製品を良く食べる食文化を持っていたため、欧米人と比較すると自然な形でイソフラボンを食事から補給できていたといわれているのですが、食生活の欧米化に伴って、食事からふんだんに大豆イソフラボンを摂取することが難しくなっているとも言われるため、サプリメントで上手に補給することで症状を穏やかにする効果が期待できます。

 

また、血液を健康的な状態にすることもとても大切で、たんぱく質や鉄、亜鉛、銅といったミネラル分や葉酸、ビタミンB12をはじめとするビタミンB群、鉄、カルシウムなどはなくてはならない成分です。

 

サプリメントを上手に活用する為のコツ

本来からだの調子を整えるための栄養素は毎日の食事から自然な形で補給するのが理想です。けれども食生活の偏った忙しい人にとっては中々それは難しいことです。いろいろな栄養素が必要なことは理解できていても、どうしても栄養に偏りが出来てしまい食事内容に自信がないという人なら、マルチビタミンを活用するのもオススメです。

 

単体で採るよりも、栄養素のバランスを考えて作られている分食生活で足りない部分を上手く底上げすることが出来ます。ましてサプリメントは薬ではないため、何か1つの成分を摂れば劇的に体調が向上するということは考えにくく、大切なことはあくまでも栄養のバランスです。食物繊維のたっぷりととれる食事を心がけたうえで、上手に取り入れて栄養バランスを理想に近づけるようにすることが大切です。

 

また多少の不調なら吹き飛ばすくらいの気持ちで前向きにすごすことで、ストレスをためない生活を心がけるようにすることもとても重要なポイントになります。

関連ページ

倦怠感に効果的なサプリと比較について
毎日何となく体が疲れ気味で寝てもなかなか体がスッキリしない、と言う体の悩みを抱えた方は男女共に今の世の中では多いかと思います。そんな体のだるさや倦怠感にはどのような対策をしていますか?どのようなサプリメントが有効的なのかを紹介したいと思います。
更年期のサプリ!口コミ!生活について
更年期を迎える40代から50代の女性は、さまざまな体調不良で悩まされる人も多いです。不眠や、頭痛、イライラ、便秘、下痢、関節痛、気分の落ち込み、肩こり、耳鳴りなど、毎日いろいろな症状が出てくることもあります。症状の緩和には、サプリメントを上手に使うと体調不良が改善される効果も期待できます。
更年期サプリのコストについて
年のせいだと思って気にしないようにしても、そのうちに本当につらくなって産婦人科や内科にいって血液検査をやって更年期の次期にはいったことに気が付く人が多いです。更年期の時期になると、エストロゲンという女性ホルモンの減少によっていままで感じたことのないような不調がつぎつぎにおこるようになってしまいます。