更年期サプリのコストについて

 

若いころには自分の体のことを心配したりすることもないものですが、女性も40代以上にあると、いままでにはなかったような不調を感じるようになります。

 

特別暑い日でもないのに、突然カットなって汗がでてしまったり、朝起きたとたん、憂鬱な気持ちになってなにもやる気がなくなってしまうとか、耳鳴り、だるい気持ち、頭痛など、本当にいろいろな症状がでてくるので、自分がどうにかなってしまったのではないかと思うくらいの不調に襲われることがあります。これが更年期の時期におこる症状です。

 

更年期障害の症状とは

はじめは、年のせいだと思って気にしないようにしても、そのうちに本当につらくなって産婦人科や内科にいって血液検査をやって更年期の次期にはいったことに気が付く人が多いです。更年期の時期になると、エストロゲンという女性ホルモンの減少によっていままで感じたことのないような不調がつぎつぎにおこるようになってしまいます。

 

この症状のことをまとめて更年期障害と呼びます。

 

更年期障害になると自分がもう女性ではないのだとか、もう女として終わってしまったのだと絶望的になってしまう人もいます。実際、外出できないほどのうつ症状になってしまう人もいますし、なにもかもいやになってしまうという人、精神的にまいってしまう人もいれば、肉体的な症状に苦しんでしまう人もいます。

 

ただ、その時期は永遠に続くものではなく、ある程度の時期を乗り越えればいつか終わりがくるのだと思うことがとても大切です。

 

では更年期のうまく乗り切るためにはどうしたらいいのでしょうか?まずは自分の身体を知るということです。きちんと検査をして更年期の時期になったのだと認めることです。

 

そしてこの時期はいままでよりも、ペースダウンして行動していいのだと自分を認めてあげることが一番です。もちろん、家族にもきちんと話して、いままで通りのことができなくなるかもしれないけれど協力してほしいと話すことが一番大切です。

 

人に話さないで、自分だけでなんかしようと思うとよけいにつらくなるものです。

 

更年期に効果のあるサプリ

 

 

できない自分に腹を立てたり、いら立ってしまってもだれも得をしないことになりますから、まずは、自分を認めてあげることが一番です。さらには更年期に効果のあるサプリを試してみるということも、一つの方法です。じつは昔は更年期の次期には大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きがあるから、積極的に食べたほうがいいと言われてきました。

 

ただ最近は、その中にエクオールという物質が女性ホルモンに似た働きをしてくれるということがわかってきています。

 

ただ自分の体でエクオールを作り出せる人はいいのですが、作れない人ががんばって大豆製品を食べてもあまり効果がないことがわかっています。ですからまずは自分の身体でエクオールがつくれるかどうか調べる必要があるのです。

 

この検査というのは産婦人科で検査をする方法もあるのですが、いまは簡単な検査キットを利用することで検査ができます。検尿をしてそれを検査機関に送付することで、結果がわかるのです。自分の体でエクオールを作りだせる人は、ひきつづき大豆イソフラボンをとればいいのですが、自分で作り出せないという人はエクオールをサプリで摂るほうがいいです。

 

これが更年期サプリということになります。更年期サプリはいろいろとありますが、エクオールという物質が含まれているサプリを選べば、女性ホルモンを増やすことになるので、更年期の症状が和らぐと考えられています。

 

エクオールという物質が女性ホルモンに似た成分になるということがわかっていろいろなメーカーから更年期サプリが作られていますが、コスト面ではどうなのでしょうか?

 

更年期サプリのコスト

調べてみると、110粒で約1か月分で、4000円とか5000円程度の更年期のサプリが多く出回っているようです。これを高いと思うか安いと思うかは人によるかもしれませんが、更年期の症状でとにかくつらくてたまらなかった人にとってはかなりお得な値段と考える人は多いです。

 

病院にいって診察をうけると、時間もかかりますし、費用もかかりますが、家にいながらサプリを飲むだけで症状が改善できて、月5000円程度だったらかなりお安いと思う人も多いでしょう。

 

ただ、このサプリだけでいいということではなくて、更年期をうまく乗り切っていくためには、適度な運動をしたり趣味をしたり、自分のリラックスできる時間をつくることも大切です。運動といえばヨガなどをやることで、自律神経が整う役割があります。自律神経が乱れることで、イライラしたりなにもやる気がでないということになりますから、ヨガなどをするのもいいでしょう。

 

ヨガによって体幹が鍛えられたリ、汗をかくことで代謝力がアップしてくるので、更年期の運動としてはとてもいいということになります。

 

また趣味をがんばったり、気の置けない人と話すということも更年期を忘れることができるので大切といえます。

関連ページ

更年期障害に効く成分をサプリで上手に補充する
閉経をはさんだ前後のおよそ10年間ほどの時期を更年期と呼びます。平均的には40代半ばから50代半ばくらいの期間の事が多いのですが、生理が始まる年令が人によって差があるように、閉経する年齢というのも個人差が有るので、必ずしもこれくらいの時期になれば誰もが更年期の症状が始まるというものではありません。
倦怠感に効果的なサプリと比較について
毎日何となく体が疲れ気味で寝てもなかなか体がスッキリしない、と言う体の悩みを抱えた方は男女共に今の世の中では多いかと思います。そんな体のだるさや倦怠感にはどのような対策をしていますか?どのようなサプリメントが有効的なのかを紹介したいと思います。
更年期のサプリ!口コミ!生活について
更年期を迎える40代から50代の女性は、さまざまな体調不良で悩まされる人も多いです。不眠や、頭痛、イライラ、便秘、下痢、関節痛、気分の落ち込み、肩こり、耳鳴りなど、毎日いろいろな症状が出てくることもあります。症状の緩和には、サプリメントを上手に使うと体調不良が改善される効果も期待できます。